黒澤 さやか 自己紹介へ

家づくり補助金 子育てエコホーム支援事業

こんにちは。ジェネシスの黒澤です。

 

季節も進み暗くなるのもすっかり早くなりましたが、

暗くなってからの井の頭公園にはキラキラ光る首輪をつけたワンちゃんがたくさんいます。

公園内はなかなか暗いので、目印になるように付けているのだと思いますが、

赤や青やレインボーなどみんな色とりどりで、エレクトリカルパレードのようで見ていて楽しいです。

 

さて、今日は家づくり補助金のお話です。

 

ジェネシスでも多くのお客様にご利用いただいた「こどもエコすまい支援事業」ですが、

9/28に申請が締め切られ、2024年度の住宅補助金の動向が気になっていたところではありますが、

先日やっと事業内容が発表されました!

 

その名も、2024年の省エネ住宅キャンペーン「子育てエコホーム支援事業」

 

2022年こどもみらい→ 2023年こどもエコ→ 2024年子育てエコホーム…

社内ではすでに「次の補助金って名前何だっけ!?」と混乱しています。笑

 

事業内容についてザックリご案内します!

 

【補助対象】

■18歳以下の子どもを育てる子育て世帯(R5.4.1時点)

または

■夫婦いずれかが39歳以下の若者夫婦世帯(R5.4.1時点)

 

【対象住宅】

■長期優良住宅

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられている住宅で、所管行政庁(都道府県、市町村等)にて認定を受けたもの(2022年10月1日以降に所管行政庁に認定申請をしたもの又は登録住宅性能評価機関に「長期使用構造等の確認」申請をしたもの(変更認定は除く))

■ZEH住宅

強化外皮基準かつ再生可能エネルギー等を除く一次エネルギー消費量▲20%に適合するもの(ZEH、Nearly ZEH、ZEH Ready、ZEH Orientedに加え、令和4年10月1日以降に認定申請した認定低炭素住宅、性能向上計画認定住宅)

 

【補助額】

長期優良住宅:100万円/戸
ZEH住宅  : 80万円/戸

 

2023こどもエコすまいとの比較資料はこちら↓↓

こどもエコすまいでは一律100万円だったのが、ZEH住宅は80万円へと引下げになりました。

より省エネ性が高い住宅を優遇していくという国の強い意志を感じますね…

 

より詳しくはこちら国交省HP「子育てエコホーム支援事業について」

 

申請開始は3月下旬を予定との事で、

詳細については今後発表のようなので続報を待ちたいと思います!

 

また、「子育てエコホーム」のほか、東京都では『東京ゼロエミ住宅導入促進事業』という独自の住宅補助金制度もあります。

「子育てエコホーム」との併用もできるので、併せて最大310万円の補助が受けることができます!

東京都公式HP 東京ゼロエミ住宅

 

こちらも多くのお客様にご利用いただいています。

特に太陽光パネルや蓄電池の導入を検討されている方にはぜひご活用いただきたい補助事業になっています。

 

「補助金を使った家づくり」のご相談は随時承っています!

年内のご相談枠も残り少なくなってきましたので、12月中にご相談希望の方はお早めにお問い合わせください(^^)/☆

 

▽▼家づくりパンフレットお送りいたします▽▼

HPには掲載されていない写真や間取りが多数掲載された実例集や家づくりについての小冊子、ニュースレターなどがセットになった人気のカタログセット無料プレゼント実施中♪

▼▼大好評!オンライン相談も受付中です▼▼

▼▼対面でもご相談いただけます▼▼

1ページ (全37ページ中)