ページトップへ

ブログ

こんにちは。東京・吉祥寺の工務店ジェネシスのブログ担当モリです。

今週はとても暑くて、雨も全然降りませんね。ちょうど外構工事をやっている現場があるので、天気がいいのはありがたいです。しかし、そんな週に限って野球の予定は無く、野球の予定がある日は雨が多い、、、なぜでしょうか。。。

さて、今回は玄関の框で一工夫してみました。

お客様から「玄関で靴を履くときに段差のバランスが合わなくて履きづらいんです。。。」というご相談がありました。

通常の玄関框は土間とホールの段差が約20㎝から25㎝くらいの為、座るには少し段差が低く、靴を履くのが若干窮屈になってしまいます。

かと言って段差をつけすぎてしまうと、段差が高すぎて玄関からの日常的な出入りが不便になってしまう、、、で、結局「玄関収納に引出付の腰掛は作れません??」というご要望となり造作したのがこちら。

玄関収納腰掛 玄関収納腰掛引出

通常は左の写真のように玄関収納の下に格納されています。

ブーツや紐靴を履くときに、引き出して腰かけられるようになっています。

これだと椅子に近い段差になるので、自然な姿勢で靴が履けて便利。さらに、、、

玄関収納下部引出収納

上部の板がスライドしますので中にはスリッパなども収納できます。便利でしょ。

今回お客様からご要望があり造作してみましたが、非常に便利な引出になりました。

お客様のちょっとしたアイデアが僕らの糧になっているな~、とつくづく感じています。

今後もお客様のちょっとしたわがままなご要望を、たくさん形にしていけたらと思いますので、皆様ご遠慮なくお申し付けください!

 

ラインでもお気軽にご相談ください♪

→まずは資料請求から

→相談会のご予約

→インスタグラム

記事一覧 | 2018年6月