ページトップへ

引渡済現場レポート

  • カテゴリ
  • すべて

杉並区の家

K様邸

  • 建築中レポート

1.2018年11月20日
遣り方
遣り方
基礎工事:遣り方

遣り方とは基礎工事の着工前に行う作業です。

敷地に対する基礎の配置、基礎の高さや水平、直角などの情報をこの【遣り方】という囲いに示してあります。

一見するとただの防護囲いに感じますが、とても重要な作業のひとつです。
2.2018年11月21日
地業
地業
基礎工事:地業

基礎形状に掘り進めた上にシートをはりめぐらした状態です。

鉄筋を並べていくまえに外周面に枠を組んでいきます。

配筋後のコンクリートが外部に流れ出ないようするためです。
3.2018年11月22日
配筋検査
配筋検査
基礎工事:配筋検査

設計士作成の基礎伏図に基づき、配筋を施工していきます。

とても複雑な配筋になりますので、我々現場監督も目を凝らしてチェックします。

そして第三者機関により基礎配筋検査を受けます。

この現場は当然合格しております。

この後に耐圧盤(基礎の床部分)の生コン打設に移行していきます。
4.2018年11月23日
耐圧盤
耐圧盤
基礎工事:耐圧盤生コン

耐圧盤の生コン打設工事をおこないました。

耐圧盤とは基礎の床部分になり、【べた基礎】部分にあたります。

弊社では、作業効率性を考えてポンプ車を利用して工事をおこなっています。
5.2018年11月24日
枠組み
枠組み
基礎工事:立上り枠組み

耐圧盤の生コン打設が完了しましたので、次の作業に移行します。

耐圧盤の上に基礎立上り部分の生コンを打設しますので、その枠組みをする工程です。

準備が整いましたら生コンを打設いたします。
6.2018年11月25日
立上りコンクリート
立上りコンクリート
基礎工事:立上りコンクリート

立上り部分のコンクリートを打設しました。

天候にも恵まれましたので、何の問題もなく施工完了できました。

この後はコンクリートが乾燥するのを待ち(養生期間)枠を解体する作業に移ります。
7.2018年12月05日
先行外部配管
先行外部配管
基礎工事完了後、最初に作業するのが、先行での配管稼業です。

基礎周辺に足場を組む前に外周の配管を埋設し、内部には給排水の配管の下準備をしておきます。