引渡済現場レポート

カテゴリ|2階建て

西東京市の家

D様邸

建築中レポート

1.2017年10月18日
やり方
やり方

2棟分のやり方をおこないました。

基礎の配置や高低差等の指示を記載した囲いをやり方と言います。

雨が続いていましたので施工するタイミングがなかったのですが、雨が止んだチャンスをうまく利用できました。

今後も雨が降りそうなので、基礎業者さんの段取りがうまくいくか心配です。

2.2017年10月28日
根伐り
根伐り

雨で各現場の工程がズレてしまい、やっとこの現場に着手することができました。

まずは重機を現場に持ち込み基礎(建物)の形状に添って根伐り(土を掘ること)をいたします。

この現場は土質が良いので整地する際はきれいにできそうです。

3.2017年11月01日
地業
地業

基礎工事の地業をおこなっています。

建物の形状に添って土を掘り進め、砕石を敷き詰めて転圧をしてきます。

シートを敷き、配筋の準備をととのえていきます。

4.2017年11月02日
捨コン完了
捨コン完了

捨てコンクリートが完了し、鉄筋ユニットが現場納品されました。

捨てコンクリートとは、基礎本体のさらに下部にコンクリートを平らに打設することです。

鉄筋を組む際に墨出しをその面にし、枠組みの位置を明確にする役割があります。

5.2017年11月06日
配筋
配筋

基礎工事の配筋工程に入りました。

鉄筋の太さから始まり、配筋ピッチ、配筋長さ等が基礎伏図に記載されており、その通りに施工してもらい配筋検査を受ける準備となります。

合格すればコンクリート打設作業に移行します。

6.2017年11月08日
配筋検査
配筋検査

昨日、基礎工事の配筋検査を受けました。

無事合格です。

これより生コン作業へと移行しますが、前面道路が大変狭いので、近隣住民の方々に迷惑がかからないように注意を怠れません!

7.2017年11月10日
耐圧盤施工
耐圧盤施工

基礎工事:耐圧盤のコンクリート打設をおこないました。

基礎の床部分のことを耐圧盤(スラブ)と言います。ベタ基礎とよく聞くと思いますが、このことを指します。

コンクリートではなく土のままですと、基礎立ち上がり部分のみですので、布基礎と呼びます。

この工程が完了しますと、次に立ち上がりのコンクリート打設の準備に入ります。

8.2017年11月15日
枠組み
枠組み

基礎工事:立ち上がり部分のコンクリート打設を準備しています。

先日打設した耐圧盤(床)に枠を組んでいく作業です。

しっかり組んでいかないと、コンクリートが隙間から漏れたりしますので、単純作業とはいえ気を許せません!

9.2017年11月16日
雑コンクリート
雑コンクリート

基礎工事の最後の工程、雑コンクリートの打設をおこないました。

雑コンクリートとは、雑に施工するという意味ではありません!

構造躯体基礎とは関係のない玄関ポーチやテラスなどにコンクリートを流すことです。高さの調整などが主な目的です。

最後の外構工事の時でもいいのですが、基礎工事時に施工しておくとが多い工程です。

10.2017年11月20日
基礎工事完了
基礎工事完了

基礎工事が完了しました。

とても良い出来栄えで職人さんには感謝です。

現在は先行の外部上下水配管の工事に移行しています。

同時に基礎の配置やレベル等の詳細を我々現場監督が最終チェックいたします。

カテゴリ - 2階建て にある

その他の引渡済現場レポート

ページトップへ