高耐震の家づくり

地震に負けない安心・安全な家づくり

耐震等級最高ランク3が基本性能
全棟で構造計算を実施し「安全性能」を明確にしています。

※プランや仕様によっては耐震等級が変更になる場合があります。

意外と知られていないことですが、地震大国である日本において、多くの人々が暮らす一般的な木造2階建て以下の住宅の81%で、構造計算が行われていません。

なぜならば、建築基準法の特例により、木造2 階建て以下の住宅に代表される通称「4号建築」は、構造計算書の提出義務がないからです。他にも、手続きにかかる手間が多く、費用が発生してしまう点からもあまり普及が進んでいないというのが現状です。

ジェネシスでは全棟で構造計算を実施。
一棟一棟、構造計算によって安全が裏付けされた設計を行うことで、間取りやデザインへのこだわりに加えて、確かな耐震基準に基づく住宅をご提案しています。

 

構造計算って?

地震や台風で建物が壊れないようにするために、建物の構造部分に生じる力や変形を数値で計算しその構造に使用された材料が安全であるか?大きく変形しないか?を確認する作業のことです。

木造住宅ではあまり聞きなれない「構造計算」ですが、ビルやマンションなどの鉄骨造や鉄筋コンクリート造の世界では常識的に行われている手法です。

 

高断熱の家づくりについて

高気密の家づくりについて

性能・構造|高気密・高断熱・高耐震

ページトップへ