ページトップへ

APS工法

ここちいい家
APS工法(アップル・ピン・システム)

木造建築の革命的「温故知新」

日本古来の伝統技術を受け継ぎ、現代の新しい技術を取り入れることでさらにパワーアップした、

進化型木造在来工法「APS工法」で確かな強さと、美しい住空間を実現します。

世界最大級の木造建築物である、埼玉県所沢市民体育館(平成17年度・優良木造施設コンクールにて農林水産大臣賞受賞)の技術が、APS工法に応用されています。

 

 

「木の美しさを活かす」

APS工法では、木材接合部の金物が、木の中に入るため、金物が露出しません。見た目も美しい“あらわし梁”が実現できます。

 

「木痩せにも対応した高品質仕様」

APS工法は大蟻仕口で木材同士がしっかり接合されている上、先端のネジリで木材を直接引き寄せて、中心に穴をあけているので、木痩せにも効果を発揮します。仕口部分にボルト・ナットを使用しないので、ガタつきがなく、床鳴りなどのアフターケアを最小限に抑えます。

 

「優れた耐火性と気密性による安心」

木は優れた耐火性能も備えています。木は燃えると表面に炭化層が生まれ、中心部まで火がすすまない為、鉄にくらべて強度が低下しづらい性質を持っています。

APS工法では接合金物が木の中に入っているため、気密性も高く、火災時の倒壊リスクを軽減し、避難時間を確保できます。

 

「素材の違いから生まれる真の強さ」

APS工法の要ともいえる「アップルピン」。これらの主素材には、ダクタイル鋳鉄+鋼を使用し、フレームの長寿命化に配慮しています。

 

「断面欠損を抑えて向上した耐震性」

APS工法は在来工法の蟻加工をベースに、精度や施工性を確保し木材の断面欠損率を抑え、耐震性能を向上しています。
今までの様に沢山削らなくても木材を接合できるので、木の力を最大限に発揮できます。