ページトップへ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

高性能ゼロエネ住宅で暮らしを変える

 
エネルギーゼロの暮らしを実現するゼロエネ住宅は、飲み物の冷たさや温かさをキープする、魔法ビンのような保温性に優れた家。だから、外気温の影響を受けにくく、一年中快適です。さらに、部屋間の温度差や床から天井までの温度差が少なく、ヒートショックを防ぐ効果も。心地よい温度を無駄にしません。
 
きれいな空気を保つためには換気が重要。そこで、ゼロエネ住宅には高性能な熱交換換気システムをおすすめしています。快適な室温・湿度を保ちながら家中の空気を入れ替えることができ、冷暖房費も節約。外気清浄フィルターによって、ホコリや大部分の花粉をシャットアウトし、クリーンな室内環境をつくります。 
 
小さなエネルギーで快適に暮らすためには知恵も必要です。エアコンばかりに頼らず、自然の風を上手く活かせば、夏を涼しく過ごすことができます。たとえば、夜おやすみのときは、防犯にも配慮した小さな窓を利用して、家の脇を通り抜ける風をキャッチできるように開き、スムーズに外に逃がすことで、心地よい風が通ります。 
 
省エネとは、電気・ガス・水といった、暮らしのすべてのエネルギーを節約することです。そこで注目すべきは、毎日多くの水を使い、お湯を沸かしている水回り設備。給湯機器はもちろんですが、保温性のよい浴槽や手元でON・OFFできるシャワー、節水トイレを使うことで、大きな省エネ効果が期待できます。 
 
話題の省エネ家電やLEDのあかりを採り入れることは大切ですが、どれくらい効果があるかが見えると、もっと楽しいと思いませんか?省エネモニターなら、電気・ガス・水道の使用量をリアルタイムに見ることが可能。部屋ごとの電気使用量もわかるので、子供たちも部屋の使用量をチェックでき、節電意識も高まります。 
 
クリーンエネルギーとして、いま注目を集めている太陽光発電。電気が自給自足できる時代になりました。太陽の光という自然の恵みを生かし、わが家で発電した電気で、テレビを見る、冷蔵庫や洗濯機を使うことは、光熱費が削減できる以上に、楽しさが感じられること。災害時の備えとしても安心できます。
 
ゼロエネ住宅の大きな魅力は、やっぱり光熱費ゼロの暮らし。ちなみにSWゼロエネミッションモデル(ベーシックプラン)による年間光熱費は-112,594円。つまり、光熱費ゼロを超えて11万円以上も副収入が得られる試算に。さまざまな条件によって、光熱費がかかる場合もありますが、大幅に削減できることは確かです。 
 
ゼロエネの暮らしは、CO2排出量もゼロになるということ。SWゼロミッションモデルの場合なら、CO2排出量も超えて-109kg(年間3086kgのCO2削減)に。杉の木のCO2吸収量に換算すると約220本分にも相当します。子供たちと地球のあしたのためにも貢献できる住宅です。
スーパーウォール工法で創る、ジェネシスの高性能ゼロエネ住宅

 

 

<ZEHへの取組について>

2014年4月の閣議決定による「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)を目指す」とする政策目標が設定されました。

当社においても、上記政策目標達成に向けた取り組みをスタートし、「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、2020年度に向けて下記目標を設定しております。

 

<ZEH受託率目標値>

平成28年度(2016年度)目標 00%(実績00%)

平成29年度(2017年度)目標 20%(実績**%)

平成30年度(2018年度)目標 36%(実績**%)

平成31年度(2019年度)目標 44%(実績**%)

平成32年度(2020年度)目標 52%(実績**%)

 

当社では、今後ZEHの普及に向けて、ZEHパンフレットの作成、ZEH仕様に合わせた構法の導入、イベント開催や広告宣伝活動を行うとともに、プランニングの工夫や関連住宅設備会社と連携しながらZEH住宅のコストダウンに向けた取り組みを継続的に進めてまいります。

 

株式会社ジェネシス